カードローンの借金は相続義務あり?

亡き家族の遺した唯一のもの、カードローンの借金は相続義務あり?

大切な家族を失ったら、悲しくて寂しいですが遺された家族は悲しみに浸る間もないくらいバタバタします。お通夜やお葬式の手配に始まり、いろいろな役所の手続きや銀行の口座の解約や名義変更なんてものもあります。遺産相続も考えなくてはいけません。

遺される資産は現金や株に始まり、土地などの不動産だったり、値打ちのある骨董品だったりとさまざまです。あまりたくさんあっても相続税を支払うのが大変ですが、それでも遺族としては価値のある遺産を望みます。しかし遺産は価値があるものばかりではありません。カードローンや消費者金融での借金などの負の遺産もあるのです。負の遺産を相続してしまったら返済は相続した人がしなくてはいけません。でも誰もそんな遺産相続したくありませんよね?相続を放棄すれば負の遺産を含む全ての遺産を相続しなくていいことになります。

負の遺産を含む全ての遺産の相続の放棄になるので、相続放棄すると価値のある資産までも相続できないことになります。価値のある遺産が負の遺産よりも多くあるのなら相続放棄はしなくてもいいでしょうが、負の遺産のほうが大きかったり、価値のある資産はゼロで負の遺産しかない場合は相続放棄したほうがいいでしょう。相続放棄は遺産を遺した人が亡くなった日から三ヶ月以内に裁判所で手続きを行ないます。手続きを行なうのは相続の権利を持つ人全員です。配偶者がいれば配偶者、子供の順で相続権があります。配偶者も子供もいないときは、親、兄弟の順です。三ヶ月以上たってしまうと、手続きができなくなってしまうので遺産の整理は早めにするようにしましょう。