徹底解説!カードローンとは?

徹底解説!カードローンとは?

テレビはもちろんインターネット上でもさかんに宣伝が行なわれているカードローンですが、カードローンとはいったいどういうものを言うのでしょうか?

まずカードローンとは銀行などの金融機関とあらかじめ契約して、発行されたカードでATMを通してお金を借りるシステムのことをいいます。契約した金融機関のATMや、その金融機関が提携しているATMで利用することができます。

カードローンによる借入は保証会社によって保証されるので、保証人は必要ありません。しかし、カードを作る際に行なわれる審査はカードを発行する金融機関と、保証会社の両方が行なう事になります。両方の審査を通過しないと借入することができません。金融機関も保証会社もボランティアではないので、返済能力のない人には貸せませんし、代わりに返済しないですむほうがいいですよね。もし返済が遅れたら保証会社が金融機関に立て替えて返済し、今度は保証会社が借入した人へ返済を要求することになります。この場合金融機関ではなく、保証会社から借入したことになるので金利や延滞金などが高くなってしまうこともありますので、無理な借入はしないようにしましょう。

返済方法は毎月決まった日に、決められた額を借入が0になるまで自動引き落としされます。クレジットカードと同じリボルビング払い方式なので、毎月5万円に設定していれば20万円借入した場合は5万円ずつ毎月支払うことになります。(実際は金利も支払います。)ボーナス月などで余裕がある月はカードローンの口座に直接入金して返済することもできるので早めに返済することも可能です。

なんだか怖いイメージをつけてしまったかもしれませんが、メリットもあります。それは一般的な消費者金融などよりも金利が低いことです。同じ借入なら金利の低いところから借入したほうが支払いが少なくてすむので、できるだけ低金利で借入したいですよね?さらにローンカードの返済の自動引き落としがされる普通預金口座が、残高不足になった場合、自動的に借入して残高不足にならないようにしている金融機関もあります。家賃の引き落としが今日だったのに、口座に入れとくの忘れてたなんてことが防げるので便利です。

もちろん借入なので借入しすぎないように注意しなくてはいけません。消費者金融での借入よりも一般的にカードローンは厳しくなっています。消費者金融は返済が遅れることで発生する利子や遅延金などを得ることができるので、数日くらいは返済が遅れてもあまり問題視されませんが、カードローンは返済日にきちんと返済しないと、新規に借入できなくなることがあります。

カードローンは審査や返済日などの点で消費者金融よりも融通が利かないこともありますが、金利や自動借入などでは便利なこともあります。きちんと計画をたてて無理の無い借入で上手に活用しましょう。