銀行ローンの審査に重要な5つの情報

銀行系カードローンの審査を通過するのに重要な5つの情報

銀行系のカードローンを申込むならせっかくなので審査を通りたいですよね?審査を通過するには重要な5つの情報があります。

まず一つ目は職業です。もちろん無職は一番審査に通りにくいですが、収入よりも職業の安定性という意味で一番通りやすいのは公務員になります。続いて大手企業の会社員、中小企業の会社員、自営業、パートやアルバイト、無職の順番になります。自営業が意外と審査に通りにくい理由は、公務員と正反対で収入が安定しないと思われているためです。金融機関もなるべく確実に返済してくれる人に融資したいので、収入の安定している職業が審査には通りやすくなります。

二つ目は年齢です。20代から30代と若くて独身のほうが審査に通りやすくなっています。理由としてはまだ若いので住宅ローンなどを組んでいることが少ないため返済に困らないだろうと思われるからです。独身が好まれる理由は、やはり養う家族がいない分自由に自分で稼いだお金を使うことができるからです。妻や子供を養っているのといないのとでは、お小遣いが大幅に変わってくるのも仕方の無いことです。

三つ目は居住環境と居住年数です。これは万が一返済が滞ったときなどに連絡がつきやすいほうが審査に通りやすくなっていて、賃貸よりも持ち家、居住年数も短いより長いほうが有利です。賃貸ですと、引越して住所を変えることが簡単にできるところが多少は不利ですが、持ち家でも賃貸でも同じ場所に長く住んでいればいるほど引越さないと思われるので、長く住んでいるほうが審査に通りやすいです。もちろん一番通りやすいのは持ち家に長年住んでいるケースです。

そして四つ目は電話番号です。これも連絡がつきやすいほうが有利です。一人暮らしだったりすると最近は携帯電話のみで固定電話を設置しないケースが多いようですが、カードローンの審査では携帯電話より固定電話のほうが通りやすいです。やはりすぐに解約できる携帯電話より、設置も面倒な固定電話のほうが信用されているからです。一番通りやすいのは固定電話と携帯電話の両方を持っていることで、次が固定電話のみ、その次が携帯電話のみの順番になっています。

そして最後の五つ目はこれまでの借入や返済の記録である信用情報です。過去に借入したときに何度も返済が遅れていたりなどの不利な情報があれば審査は通りにくくなります。これは一度記録されれば自分ではどうにも直せないので、返済が遅れたりすることがないように計画をきちんとたてて借入しましょう。

以上の5つがカードローンの審査に重要な情報ですが、自分ではどうにもできないことばかりです。審査のためにできることは無職の人は定職についたり、固定電話が無い人は固定電話を設置したりすることくらいですが、審査のために固定電話を設置するのももったいないですよね。結局、審査を行なうのは最後は人です。同じ条件でも通ることもあるし、通らないこともあるようです。記入する情報は重要ですが、きちんと本当のことを記入するのが一番いいでしょう。