住宅ローンの前にカードローンは解約しよう

住宅ローンを組む前に!カードローンは解約しよう

夢のマイホームを買う時に現金一括で買える人もいますが、多くの人は住宅ローンで借入して購入しています。さてその住宅ローンを組む際に審査がありますが、借入金の有無も審査の結果を大きく左右します。

借入金があったけど、もう返済が終わっているケースは問題ありません。そして借入金はあるけど住宅ローンが始まるまでには返済が終わるケースも問題ありません。返済が終わっていて借入金がない状態で審査をしてもらえます。ただしこの場合は返済予定表や完済証明書を提出しなくてはなりません。しかし、借入金があって返済がまだまだ続くようなケースはどうでしょうか?

このケースは毎月の支払額にもよります。月々の支払いがあまり高額でない借入はそのまま残しておいても審査が通ることもあります。ただし収入によっては毎月の支払い+住宅ローンが支払えないのでは?と思われてしまうと審査が通りません。不動産屋の営業マンなどはなるべく審査を通して、住宅を購入して欲しいので親に頼るなどして、まず完済してからの審査を勧めてくることもあります。頼る人がいない場合は審査が通る金融機関を見つけるまで、マイホームはお預けになってしまいます。

そして注意してほしいのがカードローンを持っている人です。カードローンを持っているだけで借入はしていなかったり、借入していてもすぐに返済が終わるので問題はないと思いがちですが、ここに落とし穴があります。例えば限度額が100万円のカードローンを持っていたとします。すると今は借入ゼロでもいつでも100万円借入できる状況にいるので、審査の際は100万円借入しているのと同じ状況で審査されるので通りにくくなります。特に必要はないけど、仕事で付き合いでカードローンを作った人などは住宅ローンの審査の前に解約しておいたほうが安心です。