アルバイトでも非正規で借金があっても幸せ

アルバイトの非正規で借金もあるが自分が幸せだなと感じている理由

秋田犬在住 A.Eさん(28歳)
たまに私の友人が私の生活を知ると「よくそんなので生活できるな」と言われますが、それは単純に都会に住んでいるからコストがかかっているだけだと思います。都会に住まなかったら必要なコストというのは減らすことが十分出来ますから。

私も都会に住まないようになってから、非正規社員として働いていますけれど、アルバイトでも十分楽しくやって行けています。もちろん、何十万円というものは買えないですけれども、工夫をすればその代替品を買うことで何とかやっていけます。

何よりも私が幸せを感じているのは周りの人達が親切で優しいことです。何かといろんなお世話をしてくれますし、飲み会だとかパーティーだとかに呼んでくれるのです。そうして私はというと休みの日に畑を耕したり掃除をしたりして、お返しをしています。

そういうギブアンドテイクがあるために、非正規社員で働いていたとしても、特に私はそれで困るということがないのです。一応カードローンも使っていますが、そのカードローンの返済で困ることもありません。お金には非正規でも余裕が有るのです。

一番重要なことは私にとってはこの地域周りでの評判です。評判さえ良ければ、まずは仲間に恵まれますし、仲間が何かと助けてくれます。直接的に金銭のやり取りがあるわけではないですが、お金以外に食べ物やもの、そして労働のやり取りがありますから。

だから大きな買い物をするときにだけカードローンを使って、後は労働で余ったお金を返済に回していけば、特に困るということはないのです。私はこの方法で今までうまくやっていけないと思っていましたが、都会からこちらに移ってきて、できると確信しました。

都会に住んでいるとこういうギブアンドテイクなんて無くて、ほとんどが会社の給料に依存する形になってしまうでしょう。私はそれが普通だと思っていましたが、意外なところに違う答えが転がっていました。今は非正規社員でカードローンの借金もありますが、すごく幸せに暮らしています。