カードローン 評判

カードローンはアルバイトでも安心!評判の秘密はその手軽さにある!

不況で就職先が見つからず、とりあえずアルバイトで生活費を稼ぐ日々を送っています。実家で暮らしているという事もあって生活面においては不自由ありませんが、いい年をした男がいつまでもアルバイトという事で、やっぱり家族からの目は厳しいものでした。

当然のことかもしれませんが、やはりアルバイトという身分では給与も芳しいとは言えず、欲しい物だってロクに買えません。その事で私は徐々にストレスが溜まってしまい、今まで唯一のストレス解消法として役だっていたパソコンが壊れてしまい、買い替えるお金も無い状態になった事で、私のストレスは限界にまで達しました。

パソコンを買いたい、でもすぐにまとまったお金は用意できない…しかもアルバイトという立場じゃお金は借りられない、そんな悩みを抱えていた時に目にしたのが『アルバイトの方でも借りられるおすすめのカードローン』というネット上の広告でした。パソコンがない時にネットカフェでネットサーフィンしていた時偶然見かけたのですが、私は藁にもすがる思いで紹介されていた業者に申し込みました。

すると驚きの事に、アルバイトという身分でありながらもカードローン審査に通過したのです!限度額自体は最低限の10万だったのですが、貯金もほとんどない状態からパソコンを買うには十分な金額です。おかげで最低限の動作をするパソコンが買えて、ストレス解消には困らなくなりました。

今現在はまだ返済の途中ですが、毎月一万円いかない返済額という事で、アルバイトでも毎月何とか返済ができています。カードローンというのはとりあえず作れる借入枠として優秀で、月々の返済負担が少なくて、不況の今だとアルバイトでも嬉しい借入方法だと思います。

複数借入のカードローンは一ヶ所にまとめて返済しよう

カードローンは審査に通ってカードを持ってしまえばATMで下ろすだけで借入できるお手軽な借入システムです。そんな手軽さからつい複数の金融機関からカードローンで借入して多重債務者になってしまっていませんか?多重債務は言葉だけでも重いですが、毎月何度もある返済日などに追われ、借金に追われる日々ではないでしょうか?そんな苦しい日々を脱して一日でも早く返済を終わらせるためにも借入を一ヶ所にまとめて返済しましょう。

一ヶ所にまとめる利点はいくつかあります。それまで金融機関ごとに何回もあった返済が一度ですむようになります。月に1回、一ヶ所からの引き落としですむので、日々追われるように感じていた精神状態がまずは救われます。肉体的にも残高の確認や入金などで何度も金融機関に足を運ぶ必要がなくなります。そして一番の利点はまとめることで金利が下がることです。それまで金融機関ごとに支払っていた金利がまとまりますし、何より一般的に借入額が大きければ大きいほど金利が低くなります。10万円ずつ10ヶ所で借入するより、一ヶ所で100万円借入したほうが金利が低くすむので、安くなった金利の分返済に回せるので早く完済することができます。

このように一ヶ所にまとめたほうが返済もスムーズにできるので、一度ローン審査を契約している金融機関に相談してみるといいでしょう。ただし、まとめる際にも審査が必要になりますので審査に通らなければまとめることができません。

審査に通って無事に完済できたら、カードローンは何枚も作らないように気をつけましょう。

亡き家族の遺した唯一のもの、カードローンの借金は相続義務あり?

大切な家族を失ったら、悲しくて寂しいですが遺された家族は悲しみに浸る間もないくらいバタバタします。お通夜やお葬式の手配に始まり、いろいろな役所の手続きや銀行の口座の解約や名義変更なんてものもあります。遺産相続も考えなくてはいけません。

遺される資産は現金や株に始まり、土地などの不動産だったり、値打ちのある骨董品だったりとさまざまです。あまりたくさんあっても相続税を支払うのが大変ですが、それでも遺族としては価値のある遺産を望みます。しかし遺産は価値があるものばかりではありません。カードローンや消費者金融での借金などの負の遺産もあるのです。負の遺産を相続してしまったら返済は相続した人がしなくてはいけません。でも誰もそんな遺産相続したくありませんよね?相続を放棄すれば負の遺産を含む全ての遺産を相続しなくていいことになります。

負の遺産を含む全ての遺産の相続の放棄になるので、相続放棄すると価値のある資産までも相続できないことになります。価値のある遺産が負の遺産よりも多くあるのなら相続放棄はしなくてもいいでしょうが、負の遺産のほうが大きかったり、価値のある資産はゼロで負の遺産しかない場合は相続放棄したほうがいいでしょう。相続放棄は遺産を遺した人が亡くなった日から三ヶ月以内に裁判所で手続きを行ないます。手続きを行なうのは相続の権利を持つ人全員です。配偶者がいれば配偶者、子供の順で相続権があります。配偶者も子供もいないときは、親、兄弟の順です。三ヶ月以上たってしまうと、手続きができなくなってしまうので遺産の整理は早めにするようにしましょう。

計画的なカードローンの返済に役立つ返済シミュレーション

返済シミュレーションとは、各カードローンのホームページなどにあるとても便利な機能です。これを利用すると借入前はもちろん、返済中にも返済計画をたてやすくなるので返済しやすくなります。

まず返済シミュレーションをやってみましょう。インターネットで検索すればすぐに見つけることができます。そしてどんなシミュレーションができるかというと、大きくわけて3つあります。まず500万円を借入して10年間で返済するとしたら、月々の返済はいくらになるのだろう?といった月々の返済額のシミュレーションです。借入額や返済期間を自分の好きな数字で入力すると月々の返済額を金利もいれてすぐに計算してくれます。ちなみに500万円を10年かけて返済する場合、金利が5%で53,032円です。

次に500万円借入して、毎月7万円ずつ返済したら何年くらいかかるんだろう?という返済期間のシミュレーションです。こちらも金利5%で計算してもらうと85ヶ月ですので7年と1ヶ月で返済できることになります。

そして毎月3万円返済を1年間続けられたら、いくら借入できるんだろうといった、借入できる金額のシミュレーションまでできます。これは借入前にぜひ一度やっておきたいシミュレーションです。月々いくらまでなら返済に充てられて、それをどのくらいの期間続けることができるかで借入額を決められるのは、無理のない返済計画への第一歩です。

返済シミュレーションは何度やっても無料ですし、自分の好きな時に、好きな数字を入力することができます。借入前にも便利ですし、借入していても毎月の返済額をもう少し増やせそうだけど、いくら増やしたらどのくらい返済期間が短くなるのかを知りたいときもすぐにわかります。逆に少なくしたいときにも使うことができます。思い立ったら返済シミュレーションです。シミュレーションを上手く利用してカードローンを活用しましょう。

あなたに合った銀行ローンの選び方、3つのコツ

もしものときのために一枚は財布にあると安心な銀行ローンですが、まだ持っていなくてこれから作ろうと思っている方に、あなたに合った銀行系カードローンの選び方の3つのコツがあります。

金利の低いところ、インターネットで簡単に申し込みできるところなどいろいろありますが、まずは一般的に名前の知られている金融機関で申し込みしましょう。あまり知られていないところはいくら金利が低くても、サービスなどが行き届いていないために借入や返済が面倒だったり、ホームページなどの説明もわかりにくかったりします。大手のよく知られた金融機関のほうがなんといっても安心できますし、お客様相談室なども設置されているのでわからないことも聞きやすくなっています。

そして返済の引き落としがされる口座と、給与の振込みのある口座、別でも構いませんが同じほうが手間が省けます。なのでまずは給与の振込みがされる金融機関に、カードローンを作りたいと相談してみるといいでしょう。毎月返済日を気にしてその日までに入金しておかないとって考えるのは意外とストレスを感じるものです。しかも銀行ローンは消費者金融よりも金利が低い代わりに、審査や返済に対して厳しくなっています。一日でも利なので、給与と同じ金融機関をお勧めします。

最後にATMの数や場所です。職場の近くにあるATMやよく行くコンビニで使えるATMなど、頻繁に行くのに便利なATMの金融機関を選ぶのもいいでしょう。給与の振込みの金融機関は行くのに不便だけど、勤務先が指定した金融機関だから変更できないこともあると思います。そういったときは自分が一番行きやすいATMで選んでみてください。一番行きやすいATMでなくても、周りにたくさんあるから混んでいても並ばないですむなどの理由で選んでもいいでしょう。お気に入りのATMが見つかるといいですね。

徹底解説!カードローンとは?

テレビはもちろんインターネット上でもさかんに宣伝が行なわれているカードローンですが、カードローンとはいったいどういうものを言うのでしょうか?

まずカードローンとは銀行などの金融機関とあらかじめ契約して、発行されたカードでATMを通してお金を借りるシステムのことをいいます。契約した金融機関のATMや、その金融機関が提携しているATMで利用することができます。

カードローンによる借入は保証会社によって保証されるので、保証人は必要ありません。しかし、カードを作る際に行なわれる審査はカードを発行する金融機関と、保証会社の両方が行なう事になります。両方の審査を通過しないと借入することができません。金融機関も保証会社もボランティアではないので、返済能力のない人には貸せませんし、代わりに返済しないですむほうがいいですよね。もし返済が遅れたら保証会社が金融機関に立て替えて返済し、今度は保証会社が借入した人へ返済を要求することになります。この場合金融機関ではなく、保証会社から借入したことになるので金利や延滞金などが高くなってしまうこともありますので、無理な借入はしないようにしましょう。

返済方法は毎月決まった日に、決められた額を借入が0になるまで自動引き落としされます。クレジットカードと同じリボルビング払い方式なので、毎月5万円に設定していれば20万円借入した場合は5万円ずつ毎月支払うことになります。(実際は金利も支払います。)ボーナス月などで余裕がある月はカードローンの口座に直接入金して返済することもできるので早めに返済することも可能です。

なんだか怖いイメージをつけてしまったかもしれませんが、メリットもあります。それは一般的な消費者金融などよりも金利が低いことです。同じ借入なら金利の低いところから借入したほうが支払いが少なくてすむので、できるだけ低金利で借入したいですよね?さらにローンカードの返済の自動引き落としがされる普通預金口座が、残高不足になった場合、自動的に借入して残高不足にならないようにしている金融機関もあります。家賃の引き落としが今日だったのに、口座に入れとくの忘れてたなんてことが防げるので便利です。

もちろん借入なので借入しすぎないように注意しなくてはいけません。消費者金融での借入よりも一般的にカードローンは厳しくなっています。消費者金融は返済が遅れることで発生する利子や遅延金などを得ることができるので、数日くらいは返済が遅れてもあまり問題視されませんが、カードローンは返済日にきちんと返済しないと、新規に借入できなくなることがあります。

カードローンは審査や返済日などの点で消費者金融よりも融通が利かないこともありますが、金利や自動借入などでは便利なこともあります。きちんと計画をたてて無理の無い借入で上手に活用しましょう。

カードローンとキャッシング、違いはココ!

お金が借りれるという点で同じようなイメージのキャッシングとカードローンですが、違いは何でしょうか?

名前はもちろん、キャッシングのほうがカードローンより金利が高いなどの違いもありますが、一番の違いは返済方法にあります。キャッシングは借入したお金は一括で返済しますが、カードローンは毎月一定額ずつ返済していきます。よく車などをローンで購入しますよね?そのローンと同じで、ローンとは買ったものの金額を毎月少しずつ返済していく方法で、カードローンも同じように借入した金額を少しずつ返済していきます。キャッシングはクレジットカードで買い物したものを一括払いで支払うのと同じようなイメージです。

そしてカードローンは余裕のあるときに少しずつ繰り上げ返済ができ、繰上げした分返済期間が短くなったり、支払う金利が少なくなったりします。10万円カードローンで借入していて、毎月1万円ずつ返済しているけど今月は余裕があるから2万円返済しようというようなことがATMで気軽にできます。しかしキャッシングは途中で一部を返済することはできず、返済する時は一括で返済しなくてはいけませんし、返済期日より早めに返済したとしても金利が少なくなったりすることがありません。10万円キャッシングで借入したら途中で1万円だけ返済することができないのです。

カードローンはATMで、限度額以内なら何度でも借入や返済が気軽にできて、そのうえ金利が低いので何か急用があったときのために一枚持っておくといいかもしれません。

銀行系カードローンの審査を通過するのに重要な5つの情報

銀行系のカードローンを申込むならせっかくなので審査を通りたいですよね?審査を通過するには重要な5つの情報があります。

まず一つ目は職業です。もちろん無職は一番審査に通りにくいですが、収入よりも職業の安定性という意味で一番通りやすいのは公務員になります。続いて大手企業の会社員、中小企業の会社員、自営業、パートやアルバイト、無職の順番になります。自営業が意外と審査に通りにくい理由は、公務員と正反対で収入が安定しないと思われているためです。金融機関もなるべく確実に返済してくれる人に融資したいので、収入の安定している職業が審査には通りやすくなります。

二つ目は年齢です。20代から30代と若くて独身のほうが審査に通りやすくなっています。理由としてはまだ若いので住宅ローンなどを組んでいることが少ないため返済に困らないだろうと思われるからです。独身が好まれる理由は、やはり養う家族がいない分自由に自分で稼いだお金を使うことができるからです。妻や子供を養っているのといないのとでは、お小遣いが大幅に変わってくるのも仕方の無いことです。

三つ目は居住環境と居住年数です。これは万が一返済が滞ったときなどに連絡がつきやすいほうが審査に通りやすくなっていて、賃貸よりも持ち家、居住年数も短いより長いほうが有利です。賃貸ですと、引越して住所を変えることが簡単にできるところが多少は不利ですが、持ち家でも賃貸でも同じ場所に長く住んでいればいるほど引越さないと思われるので、長く住んでいるほうが審査に通りやすいです。もちろん一番通りやすいのは持ち家に長年住んでいるケースです。

そして四つ目は電話番号です。これも連絡がつきやすいほうが有利です。一人暮らしだったりすると最近は携帯電話のみで固定電話を設置しないケースが多いようですが、カードローンの審査では携帯電話より固定電話のほうが通りやすいです。やはりすぐに解約できる携帯電話より、設置も面倒な固定電話のほうが信用されているからです。一番通りやすいのは固定電話と携帯電話の両方を持っていることで、次が固定電話のみ、その次が携帯電話のみの順番になっています。

そして最後の五つ目はこれまでの借入や返済の記録である信用情報です。過去に借入したときに何度も返済が遅れていたりなどの不利な情報があれば審査は通りにくくなります。これは一度記録されれば自分ではどうにも直せないので、返済が遅れたりすることがないように計画をきちんとたてて借入しましょう。

以上の5つがカードローンの審査に重要な情報ですが、自分ではどうにもできないことばかりです。審査のためにできることは無職の人は定職についたり、固定電話が無い人は固定電話を設置したりすることくらいですが、審査のために固定電話を設置するのももったいないですよね。結局、審査を行なうのは最後は人です。同じ条件でも通ることもあるし、通らないこともあるようです。記入する情報は重要ですが、きちんと本当のことを記入するのが一番いいでしょう。

住宅ローンを組む前に!カードローンは解約しよう

夢のマイホームを買う時に現金一括で買える人もいますが、多くの人は住宅ローンで借入して購入しています。さてその住宅ローンを組む際に審査がありますが、借入金の有無も審査の結果を大きく左右します。

借入金があったけど、もう返済が終わっているケースは問題ありません。そして借入金はあるけど住宅ローンが始まるまでには返済が終わるケースも問題ありません。返済が終わっていて借入金がない状態で審査をしてもらえます。ただしこの場合は返済予定表や完済証明書を提出しなくてはなりません。しかし、借入金があって返済がまだまだ続くようなケースはどうでしょうか?

このケースは毎月の支払額にもよります。月々の支払いがあまり高額でない借入はそのまま残しておいても審査が通ることもあります。ただし収入によっては毎月の支払い+住宅ローンが支払えないのでは?と思われてしまうと審査が通りません。不動産屋の営業マンなどはなるべく審査を通して、住宅を購入して欲しいので親に頼るなどして、まず完済してからの審査を勧めてくることもあります。頼る人がいない場合は審査が通る金融機関を見つけるまで、マイホームはお預けになってしまいます。

そして注意してほしいのがカードローンを持っている人です。カードローンを持っているだけで借入はしていなかったり、借入していてもすぐに返済が終わるので問題はないと思いがちですが、ここに落とし穴があります。例えば限度額が100万円のカードローンを持っていたとします。すると今は借入ゼロでもいつでも100万円借入できる状況にいるので、審査の際は100万円借入しているのと同じ状況で審査されるので通りにくくなります。特に必要はないけど、仕事で付き合いでカードローンを作った人などは住宅ローンの審査の前に解約しておいたほうが安心です。

低金利の銀行系カードローンはこうやって探す

一般的な消費者金融のカードローンより、銀行系のカードローンは金利が低く抑えられていて、限度額も高くなっています。消費者金融より銀行のカードローンのほうが金利が低いので、同じ借入なら金利の低い銀行系のカードローンを選びますよね?ではその中でも金利の低いカードローンはどこの金融機関のものでしょうか?

答えは銀行系であればどこでもあまり大差ありません。それでも金利はもちろんチェックするポイントですが、その他にも気をつけたいポイントがあります。それは入会金や年会費やATMでの手続きの手数料です。入会金や年会費、手数料は無料のところのほうがいいですよね。特にATMの手数料は頻繁に借入や返済をしていると意外と高額になってしまいます。手数料取られるから本当は繰り上げ返済できるのに、あとでまとめて・・なんてこともあるかもしれません。なので提携ATMを含めて無料で使えるATMがどのくらいあるのかも考えておくといいでしょう。

そしてどこの金融機関でも借入額が上がれば上がるほど金利は低くなります。たくさん借りたほうが金利が低くなるのでお得に感じてついつい借りすぎてしまうこともあるかもしれません。たくさん借りたほうがお得に見えて、実はたくさん借りたほうが返済期間も長くなって、たくさん金利を支払うことになっています。低金利なカードローンを見つけたことで必要以上に借りすぎることは、結局金利をたくさん支払うことになるので頑張って低金利のカードローンを見つけた意味がなくなってしまいます。くれぐれも借りすぎには注意しましょう。

銀行ローンの借入は申込日に即入金もできる?

銀行で発行されるカードローンはとても便利になっています。消費者金融よりも銀行系のカードローンのほうが審査は厳しいですが、金利が低く、限度額も多く設定することが多いですし、ATMの数も提携しているものを含めるとかなりの数ですので銀行系のカードローンが人気です。ATMの手数料が無料のところもありますので、急いでないのであればそういう細かい部分も注意して契約するといいでしょう。

便利になった点ではまず、申込みが24時間365日インターネットで出来るので急にお金が必要になったときでも、外出できなくても申込みすることができます。特に使い道がなくても、持っていれば何かのときに役立つと考えて申込む人も多いようです。正社員でなくても、パートやアルバイト、専業主婦でもカードローンの契約ができるようです。そしてカードの発行が最短で即日でできるのも便利な点です。急に田舎に帰らないといけなくなったけど、手持ちがない、借入する手段が何もないときなどは、インターネットで申込んで審査を通過したら、契約した金融機関に行きます。そして運転免許証などの身分を証明するものを見せると、カードがその場で渡されます。カードが渡されたらあとはそのまま、そのカードをATMに入れて借入するだけです。

このように申込み当日に借入することができるので、急な出費が必要になったときなどに利用されてはいかがでしょうか?急いでいなくても入会金や年会費が無料のところもあるので、非常時のために一枚くらいは持っていてもいいかもしれません。